★☆★ Dropbox始めませんか?(無料ボーナス500MB付き)★☆★

2014年07月13日

久々の車関連D.I.Y.

・・ってことで。 ユーホーでLEDテープの安売りやってたんで、15cmx2本のセットを買いました。 う〜ん、カーテシとかもいいけど、とりあえずデイライトにしてみるかと。


なぜかと言うと、軽に乗り換えてから、けっうこフザけた割り込みしてくる輩が増えまして。 そういうヤツ用に、精神的プレーキを一段かけることになればな、と。 LED増設=ヤ○キー、ってわけでもないですが、どノーマルで乗ってるドライバーと比較すると、多少なりともその可能性は上がるわけで。

#特に、そういうクラスタ内では、そのあたりに敏感だろうとww


今回は初のワイヤレスを使ってみます。 エンジンルーム内に受信機、室内に送信機。 それぞれに電源供給が必要ですが、室内から外に配線を引き出す必要はない。 いや、N-BOXの場合、実は割と簡単に引き出せるんですけどね。 まあ、ものは試しということで。


送信機は以前、やはりユーホーで投げ売りをゲットしてたんで、受信機をAmazonのマーケットプレイスでポチっとな(^^) いや、これがまたひどいパッケージ状態だったんですが、製品そのものは無問題。 そういうところが気になる人はマーケットプレイスは避けた方が無難かも・・です。

NEC_0723.jpg


詳細な設置手順はエーモンのサイトやみんカラとかにありますので省略するとして、電源を取る場所だけを。 昔なら配線剥いて取り出していたところですが、歳を取ると人間も丸くなって(?)、いずれも純正ヒューズと交換して挿すタイプの取り出しコードを使いました。 大原則は、万が一トラブっても走行に支障のないところから取る、ということ。


エンジンルーム内はここ、デフロスタの7.5Aから受信機の常時電源を取ります。

NEC_0736.jpg



ちなみに、受信機のマイナスはこのアースポイントに落としました。 見た目でボディに固定しているボルトならなんでも・・というわけじゃなく、電圧がかかっているところもあるので、できるだけ既設のアースポイントを使うのが無難です。

NEC_0737.jpg



室内はここ、室内灯の7.5Aから、送信機の常時電源を取ります。

NEC_0754.jpg


送信機のACCとマイナスはシガーライタープラグを買ってそこに繋ぎました。 独立スイッチ付き4連ソケットを使っていて、ちょうどドコモドライブネットナビのGPSユニット用が空いたので、それを使います(^^)


点灯すると、こんな感じ。 正午頃の炎天下でもしっかりと見えます(^^) ちなみに、これだけハッキリ見えていても、法令上は補助灯火ではなく、もっと暗い「その他灯火類」になるため、補助灯火類ほど細かい規制はありません。 左右対称で、点滅せず、赤以外の色なら、設置位置も含めてけっこう自由にできるようです(責任取れませんので、各自要確認ってことで)。

NEC_0741.jpg



晴天の昼間、他車から見るとこんな感じですね。

NEC_0742.jpg


夜間・・と言っても夕暮れですが、ポジションランプ(これもLEDにしています)に負けない明るさ。 ボディが黒なのもあって、なかなか目立ちます。 しかし、これどう見ても、白じゃないよな・・

NEC_0744.jpg


さて、これで無理な割り込み抑止効果があるのかというと・・、分かりやすいくらいあるんですねぇ、これがww いっそ、グリルの隙間全部に間接照明で入れてやろうか、と思うくらいです、はい。 いや、それだと誰が見ても堂々のヤバい人になるんで、さすがにやりませんけど(^^;


しかし、安全対策のため、カーテシくらいは付けてもいいかな。 まだ安売りやってるかな・・


posted by micmacjj at 21:08| 広島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月03日

カーナビを新調しました・2

そんなわけで、買いました、これです。 結局、2倍近く高い方にしました(^^;


NEC_0679.jpg


やっぱ、地図データの鮮度ですかね。 新品で購入した時点で既に1年半前ってのは、・・ないわぁ、やっぱ。 2年半分のデータ更新料と考えれば、価格差もまあ納得できます、はい。 ユピテルにして2年半経った時点で再度買い換える、ってテも考えましたが、その時点でも安く買える機種は、やっぱり1年以上過去のデータなんでしょうし・・


実物を見ながら、取付位置の検討を。 タブレットはダッシュ上とコンポの画面にかぶせてセットする二通りで使えるようにしていましたが、どちらも弱点がある。 ダッシュ上は視界の妨げになるのと、助手席側のエアパッグが作動したときにはじかれ、運転者の顔面に飛んでくる危険性も。 画面にかぶせると、バックモニターが見えないww


しかし、スタンドの形状を見てひとつアイディアが。 ここまでロープロファイルなら、おそらくもうひとつ設置できる場所があるぞ・・ということで、さっそく試してみる。 左側の丸いのは、昔入手したスマホ用スタンドに着いていたマウントです。 この上にスタンドを取り付けると、水平方向に360゚回せるという、便利なシロモノ。

#純正スタンドと合わせると、3軸全て回転可能になり、自由雲台的な動きができます(^^)

NEC_0686.jpg


そして、取り付けるのはここです。 コンポ下の本当に小さな小物置きスペースで、高さも奥行きもないので、実際Bluetoothヘッドセットや携帯くらいしか置くことができませんww まさに、軽ならではの無理矢理捻出空間と言えるでしょう。 ここにスタンドを載せたマウントを仮置きしてみる。

NEC_0696.jpg


若干奥行きが足りなくてマウントが数mmだけ飛び出ますが、取付強度に支障が出るほどとは思えない(・・ということにしておこうww)。 本体を着けた状態でチェックすると、スタンドを最も左に寄せると、シフトレバーにギリギリ干渉しないということを確認。 うん、行けるぞ(^^)


マウントを薄い鉄板かなにかに固定して、その鉄板をベルクロで車体側に固定するのが理想ですが、手元に適当なサイズのものがないので、手っ取り早く両面テープで固定する。 気軽に脱着できなくなりますが、当面このパネルを外して作業を行う予定もないし、いざとなったらゴリゴリひっぺがせばいいのでww

#あ、本体はワンタッチでスタンドから外せますので、無問題(^^)


このままだと、重量バランスが悪すぎで、熱や振動でそのうち手前に倒れる可能性が高いので、スタンドと天井wwの隙間にくさびになるものを挟み込めば、とりあえず完成です。さらに、小さなL字アングルを天井の、スタンドの頭を後ろに押す位置に貼って、手前に倒れるのを塞ぐようにすればベストかな?


とりあえず固定し、本体を装着しました。 運転席からの視点だと、コンポも左下が少し隠れる程度。これならバックモニターのジャマにはなりません。 エアコン関連セクションも隠れていないし、ハザードボタンは横に長いので、これだけ出ていれば、ナビがジャマで押せない・・ということはありません。 ・・完璧だ(^^)

#コンポの操作ボタンが一部隠れていますが、ステアリングリモコンがあるので、元々使ってません〜(^^)

NEC_0698.jpg


正面から見ると、こんな感じ。 これだけ低い位置だと内蔵GPS受信ユニットの受信感度が心配でしたが、GPSは常時バッチリ掴んでます。 電装品のノイズもけっこう拾うだろうに、さすがに専用機、そのあたりは力入れてるのかな?(^^) しかし、「みちびき」(日本製の準天頂軌道衛星で、GPS衛星の死角をフォローし、精度を10mから1mにアップする)は残念ながらほとんど掴めず。

【追記】2014.7.4

みちびき、掴んだり掴まなかったり・・という状況です。 なんだろうな〜? でも、「ほとんど掴めない」という状況ではないので、訂正します。


NEC_0699.jpg


バックモニターの映像。 ナビで隠れてるのは自車のボディ部分なんで、全く問題ないですね(^^)

NEC_0701.jpg


そんなわけで、構想10分、実作業5分、追加材料費0円で、設置完了しました。 あとはL字アングルだけど、買っても100円くらいだし、探せば家のどこかに転がってそうな気が・・。 しかし、高い方のGorillaにしといてよかったな。 ユピテルのスタンドは巨大なアーム式だったんで・・

posted by micmacjj at 20:42| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月30日

カーナビを新調しました

車を乗り換えてから、いわゆるカーナビは着けずに、タブレット(DOCOMO MEDIAS N-08D)のドコモ純正有料アプリ、ドライブネットナビを使っていました。 ナビが必要な場面はそんなにないし、地図がすぐ陳腐化するのは避けられない。 ならば、使うときだけタブレットでもいいんじゃね?・・ってことで。


使用料も月額400円未満・・ってことで、今までの累積でも8000円まで行ってない。 最新に近い地図を常に利用できる点を考えると、まあリーズナブルですよね。 普通のカーナビだと地図データ更新だけでも2万円とか取られますから・・


しかし、2年縛りが解けるまで半年を切るにあたって、次の一手を探さねば。 縛りが解ければ即解約してモバイルWi-Fiルータ運用にしようと思っているので、当然ドコモ純正アプリは金払っても使えなくなりますから・・


次の一手は、ポータブルナビ(つ〜のかな、脱着式のヤツ・・)の中から選びます。 前の車の純正ナビはタッチパネルの座標認識が狂ってしまい、50音入力時にすごく苦労した(ひとつ隣のキーが押されたと判別してしまう・・)ので、もうノーサンキューです。 値段も高いし、地図データの更新もバカ高いし、インテリジェントタイプはもっと高い・・

#そもそも、ハーネスだの取付工賃だって、バカにならん・・


カーナビが出始めた当時は民生用GPSの精度がわざと落としてあったので、車速センサがないと海の上を走ったりしてましたが、今や民生用も十分な精度だし、ナビのGセンサ周りや位置判定アルゴリズムも改良されているので、福山程度の田舎では、スタンドアロンでも道に迷うことはほぼありません。 そんなわけで、脱着式一択で。


ポータブルナビと言えば、老舗のGorilla(今やPanasonicですね・・)と、レーダー探知機ではお世話になっているユピテル(ソニーはもう撤退したよね・・)。 この二者を比較すると・・、精度やら細かい機能は別にして、乱暴に言うと、安いけど地図更新のないユピテルと高いけど無償地図更新のあるGorilla、ということになりますか。


例えば、ユピテルだと7インチでワンセグ用アンテナまで付けても18,000円切るくらいでありますが、地図は2013年春版。 今買っても1年半前のデータしか使えないし、有償でも更新サービスなし。 対するGorillaは、本体のみで36,000円ほどとユピテルの倍以上しますが、2017年1月まで無償の地図更新サービス付き。

#もちろん、ユピテルも今年版の地図搭載機種はありますが、その分高いし、やはり地図更新はなしです・・


う〜ん、どちらがいいか・・。 新しい道なんかそうそう増えない(ぶっちゃけ、松江道くらいですかね、このあたりで今からどんどん変わっていくとすれば・・)し、いざとなったらスマホのナビアプリで補完・・という考え方か、どうせなら2倍払っても、あと2年半気持ちよく最新データで使うか・・


思い立ったが吉日、折りしもちょうど月末なんで、ドコモのドライブネットを解約して、楽天でポチっとな。 さて、どちらにしたでしょうかっ? 以下、次号っ!

posted by micmacjj at 20:51| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月15日

久々に連日更新

車のコーティング剤(・・になるのかな、これは?)が底を尽いたんで、悩んだ揚げ句、やっぱりこれにしました。 今まで使ってたポリラックの後継タイプ、カーラックです。 Amazonでゲット。

NEC_0555.jpg


ガラスコーティングだとギラギラした感じになるのに対し、これはしっとりとした感じに仕上がるので、施工は面倒なんですが、やめられません。 今回は旧ポリラックの残りを全て水に溶かして、いわゆるポリラック洗車をしたんですが、通常の2倍くらいになったのもあって、洗車だけで十分な光沢です(^^)

NEC_0645.jpg


拉致被害者救出支援のブルーリボンもひときわ映えてます(^^)

NEC_0646.jpg


梅雨の合い間にすかさず洗車、さていつまで降らずにいてくれるのか・・(^^;

posted by micmacjj at 18:09| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月28日

OBDII、いいね

さて、取り付けたので、さっそく使ってみました・・つ〜か、普通に走ってるだけですけど(^^;


待ち受け画面としていろんな情報をリアルタイム表示できるんですが、とりあえず情報量が多そうな「マルチメーター」というヤツを。

NEC_0251.jpg


回転数、エンジン負荷、スロットル開度、瞬間燃費をバーグラフで表示してくれます。 これがなかなか興味深い。

NEC_0253.jpg


エンジン負荷ですが、惰性で走っているとき以外、70%を切ることはまずないです。 常時80%以上、つ〜か、半分くらいは90%越え。 数字だけ見てると、なんか今にもエンジンが壊れそうな感じですが、別にブン回してるわけではなく、いたってスムーズに運転してます。 信号待ちからジワっと出ても、すぐにハネ上がる。


ちなみに、上の写真は走り出してすぐなので停止してもアイドリングストップしない状態。 この状態で既に50%越えとかww ヒーターをオフにすると3%くらい下がるあたり、やっぱタイトなんだなぁ、と。 エアコンなんぞ入れたらどんなことになるのやら(^^;


スロットル開度は、私の運転だと50%を越えることはまずない感じ。 これは今朝山越えをしたとき、最もスピードが乗っていて傾斜もキツい上り坂の途中で撮ったものですが、それでもこんなもの。 別にゆっくり上がってるわけじゃなくて、これ以上スピード出すと次のコーナーがキツい・・って程度には飛ばしてます。

#今日びの軽は、ベタ踏みなんぞしなくてもけっこう上ってくれるってことで(^^)

NEC_0259.jpg


面白いのはアイドリングストップ時で、N-BOXの場合、スロットル開度は常に17%になります(注:この場合のスロットルはアクセルペダルのことではありません)。 てっきり全閉かと思ってました。 レスポンスを考慮してか、何か他の理由があるのか・・

NEC_0254.jpg


瞬間燃費は精神衛生上、実に悪い情報です。 ほぼ惰性に思えてもほんの少しでもアクセル踏んでると、だいたい10km/lは切ってます。 発進時など、どんなにゆっくり出ても瞬間的に0.8km/lとか。 この数字はまさに瞬間燃費であることの証左ですね。 そんな具合ですから、加速時は、これスポーツカーですか?ってな数字しか表示されません(^^;


で、アクセルを離して完全に惰性走行になると、1秒ちょいで燃料カットされ、表示は99.99km/lに。 かなりスピードが落ちるまでその状態をキープするので、燃費走行のためには、急加速にならない程度でなるべく早めに目標速度まで到達し、そこからは定速走行・・というのがいいようで。 まさに定石ですね(^^)


走り屋さんにはこのモードがいいかも。

NEC_0262.jpg


これはOBDII情報ではありませんが、F1でもお馴染みのG表示。 上のと同時に表示できれば、峠を攻めるのも楽しいでしょうね〜(^^)

NEC_0261.jpg


水温も表示できます。 このモードで車速の代わりに瞬間燃費があればいいのに・・。 ターボだとブースト圧とかも見られるらしい。

NEC_0260.jpg


他にも平均燃費表示とかいろいろありますが、これはなかなか面白い機能ですよ、はい。 瞬間燃費なんて、ひと昔前は数万円の専用ハードで・・って感じでしたが、今やレーダー探知機にアダプタを買い足すだけでその他の情報も併せて見られるわけで、いや〜、いい時代になったものです(^^)


そんなわけで、買って損なし、OBDIIアダプタでした。


posted by micmacjj at 20:10| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。