★☆★ Dropbox始めませんか?(無料ボーナス500MB付き)★☆★

2014年01月08日

この市の姿

昨日の写真を撮った池ですが、実は現在の全景はこうなってます。

IMG_1968.jpg


手前は護岸工事なのかな? 海でもなく、流れ込む川もない、ただの池なんですけどね、ここ。 新聞にも載った自生オニバスを撤去(移動とか言ってるけど、どうせ根付きゃしないだろww)してまでやることなのかな〜、これ? いったい、どんな状況を想定してるのやら・・

IMG_1934.jpg


イコモスも注目する名勝に強引に橋を架けようとして、ジャマな知事を幼稚な屁理屈で罵倒したその口で、ハリウッドスターに親善大使を頼む鉄面皮が長を勤める市の姿が、こんなところにも現れているような気がしてなりません。 とりあえず、下の写真のような野蛮なことは、歴史や伝統を尊重するマトモな人間ならやらないような気が・・

IMG_1947.jpg


なるほど、こういう市だから、駅前がゴーストタウンになるのもうなづける、というもんですねww


posted by micmacjj at 20:44| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | フザけた話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月27日

システム崩壊ですな

先日からネットで話題のB-CASカード書き換えの件。 最初は対象もかなり限定され、けっこうなスキルが必要な手順が、期間限定のアップローダにしか上げられてなかったもんですが、一週間もすると書き換えできないものの方が少なくなり、初心者でもできるかも・・ってなくらいのツールがそこら中で配布されるようになってきましたね。

#このあたりの改良のスピードってのは、凄いなぁ(^^;



で、この状況を受けてなのか、接触型のカードリーダーが高騰しています。 Amazonだとこんな感じ。

Cardreader.jpg



これ、私が購入したときには2,000円くらいだったんですがww 売ろうかな〜(^^) 安いままのショップもありますが、だいたい納期未定になっています。 すぐに入手したかったら、1万円余計に払え、ってことですね・・



で、問題は、書き換えた不正なカードで有料番組を視聴したら、それを特定できるのか、ということですが。 当初は、損害賠償の対象云々と息巻いていたはずが、ついにこんなことを言い出しました。


B-CAS社「不正改造したカード識別できね。自己申告してちょwwwwwwwww」



ただ同社や放送事業者は不正視聴に用いられているカードを識別することができず、「1億5000万枚のうち不正視聴がどの程度に上るか見当がつかない」と放送局関係者は話している。



いや、それ、絶対言っちゃいかんだろww 嘘でもいいから「現在特定中」かなんか言っとかんと、それこそ歯止めが効かんようになるぞ? まあ、利権のために作られたシステムですから、穴を塞ぐことなんて考えず、新たな利権を得るための筋書きを考えてるんでしょうけど・・。 有料放送各社はタダで見られ損、ってことになるんですかね・・



そんなわけで、リスクを背負ってもやってみたいという方に、ひとつだけアドバイス。 Suicaなどに使える非接触型カード専用のカードリーダは使えませんので、ご注意を。 使えるカードリーダは値段が上がってるんで、判別できると思いますww


posted by micmacjj at 19:36| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フザけた話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月25日

日本人のセンスではApple製品を越えられない

・・というのを改めて実感しました。 これを見て、です。

SJ_1.jpg



言わずと知れた、故ジョブズの伝記なんですが、なんですか、この下品な色使いの帯はww せっかくシンプルでインパクトのある、いいデザインなのに、ブチ壊しじゃないですか・・



「いま明かされる、カリスマのすべて」
「本書を読まずして、未来を語ることはできない」



火サスの煽り文句じゃあるまいし、書いてて恥ずかしくないのかww



ちなみに、本国版はこんな感じです。 いいじゃないですか、このシンプルなデザイン。 よくこの上にあんなものを・・。 こんな余計なことするのは日本くらいじゃないですかね? いや、中国もやりそうだな・・ww

SJ_3.jpg



私、Apple製品は好きですが、別にAppleマンセーでもジョブズ信者でもありません。 しかし、この装丁の上に、強い意志を感じるこの肖像にかぶる形で、田舎者丸出しのクサい煽り文句を、オレンジ色で重ねよう・・などとは、死んでも思いませんなww

こういうのって、あれですか? デジカメやら携帯オーディオなんかで、せっかくデザイナーががんばってデザインした筐体に、キンキラのスペック自慢シールを所狭しと貼りまくって店頭に並べる、あのセンスと同じなんでしょうかね?




スーパーの特売チラシじゃあるまいし、
こんな田舎モンがデザインやってるんじゃ、
Appleを越える製品は絶対に作れんわww


(いや、ジャンルは違うけどね・・ww)




なんだかねぇ、本来キンキラであるべき仏像を、独自の詫び寂びの境地に高めた、あの渋いセンスはどこに行ったのよ? 枯山水なんて、他の国の人間にゃ、そうそう作れないぜ? Appleのデザインって、迷いが全くない、まさに禅の境地でしょ。 仏教徒だったジョブズの方が、日本古来のスピリットを捨て去った、日本を愛せない日本人より、よっぽど悟りに近いところにいたんだろうな。



まあ、デザインなんて好みの問題なんで、そんなに声高に言うことでもないのかも知れませんが、もっとお里が知れるのがこちら。



「ジョブズ伝」電子書籍でも登場 紙とほぼ同じ価格で(日経ビジネスIT)


Sj_2.jpg


IT好きの層に対して空前の大ヒットが見込めるこの伝記、iPadはもちろん、日本でもKindleを普及させて販売ルートを拡大し、それに乗っかってスムーズに電子書籍に移行する千載一遇のチャンスだというのに、まだ旧来システムの目先の利益のことしか考えられないヤツらがいますねww

 一方、米国ではアマゾンのサイトでハードカバーが17ドル88セント。同社の端末「キンドル」で読める電子版は11ドル99セントと安い。日本語版は支払う権利料や翻訳の手間も含め様々なコストがかさむとはいえ、新刊が上下巻あわせておよそ4000円と高価だ。電子書籍もほぼ同額とすると、他国との価格差はさらに広がる。渡瀬氏は「日本の読者の関心は高く、十分に売れる」とみており、ハードカバーを購入していた一部の読者を電子書籍に取り込む公算もある。


出た〜、日本企業お得意の、根拠全くなし我田引水的机上の空論ww



これからの電子書籍市場のことを考えたら、まずは普及のために、少なくとも欧米と同じ程度の価格設定をすべきだろうに。 「日本の読者の関心は高く、十分に売れる」とか、よく言えたもんだよな。 「十分に」の想定が既存の想定範囲から一歩も出てないのがよく分かる。 想像力がないにも程があるわ、ホントww

#そもそも、印刷、製本、輸送、保管・・、物理的なプロセスと、それに伴う中間マージンがほとんど不要な電子書籍も紙の書籍と同じ値段とか、どんだけ消費者をナメてんのかと。 もっと怒ろうよ、消費者! こんなもん買うな!ww



一気にパラダイムシフトが可能なこの大チャンスを前にしてもなお、まず一冊いくら儲かるか、って時点でダメだよ、あんたら。 先行投資、って言葉を辞書で引き直せww そして、己の想像力の欠如を恥じるがいいわ、わ〜ははは ←何モンだ?(^^;

そんなわけで、既得権益の確保しか考えていないバカどもは、毎度変わらず、自分らが握り潰したビジネスチャンスを消費者に責任転嫁し、儲け損ねた皮算用分を著作権ヤ○ザに取り立てさせ、緩やかな絶滅への道を歩み続ける。 まあ、好きにやってりゃいいさ。 てめえらになんぞ、ビタ一文落としてやんねぇww



さて、日本でこの本を買うのは誰でしょう? ビジネスや自己啓発のヒントとして投資しようとする人たちと・・? こちらの記事の最後の画像ですかねww



はちま起稿:『スティーブ・ジョブズ』伝記でボッタクリ 米国912円 日本3990円




私はブックオフで安いのを見かけたら買うかも。 それより、図書館の予約待ちの数字がどれくらいになるのか、楽しみです(^^)



いや、俺は買うぞ!、って方は、こちらからどうぞ(^^)





posted by micmacjj at 20:27| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フザけた話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。