★☆★ Dropbox始めませんか?(無料ボーナス500MB付き)★☆★

2014年09月27日

ローラー台を踏む

初めて(やっと・・)、ローラー台をちゃんと踏んでみました。


パッと見では地面に置いてあるように見えますが、実際は通常より数cm高い位置に持ち上がっているので、乗り降りには要注意。 ミノウラの三本ローラーのように、踏み台があった方が無難かと思います。 リアがガッチリ固定されている状態で、もしバランスを崩したら、と思うと・・


漕ぎ出してみると、最低負荷でも明らかに上り坂ww ウォームアップ/クールダウン用に無負荷(つ〜か、平地程度の負荷)モードも欲しかったところです。 そういうわけで、漕ぎ始めはキツいですが、そのうち筋肉もほぐれてペースも上がり、5分過ぎたくらいから腕には玉の汗、顎からも汗がポタポタと・・


平日夜のひと漕ぎには、iPadでHuluのTVドラマを半分見るくらい(23分程度)がちょうどいいか。 エアロバイクでは30分番組を一本(24分半程度)でしたから、ほぼ同じくらいです。 HuluにはアメリカTVシリーズがうんざりするほどww揃ってますから、ネタには困りません。 とりあえず、途中でやめたままだった「24」のシーズン7から・・(^^)


漕いでみた感想ですが、エアロバイクにあったプログラムモードや心拍数測定がないのはデメリットですが、やはり自分のバイクで踏めるというのはいいですね。 ちゃんとしたフォームで漕げるし、単なる筋トレのひとつじゃなく、自転車に乗っているという実感があります。 実走感がない・・というのは、タイヤローラーに乗った経験がないので、正直あまりよく分かりません。 

#ただ、時々ローラーが滑るのは、やはり違和感がありますね・・


結論、トータルだとローラー台の勝ちかな? でも、ベルトのスキール音はやはりハンパないです。 最低負荷で25km/h程度でもこれだけ音がデカいなら、マンションで夜間の練習は難しいんではないかと・・。 あと、漕ぎ終わった後にバイクに落ちた汗をしっかり拭いておかないと。 塩分はメカには大敵ですからね(^^)

#ローラー練習用に専用カバーが売られてるくらいですから・・



んで、話は変わって、久々にこんな雑誌を買ってみました。 いえ、決して付録に魅かれたわけじゃなく、瀬戸内に住んでいる自転車乗りなら買わにゃいかんだろう、とww 定番コースばかりじゃなく、鞆の浦もちゃんと2ページ載っていたのがさすがでした(^^)

IMAG0023.jpg



明日のライブが終わったらしばらくライブもないし、そのうちひとっ走り鞆の浦まで行ってみますかねぇ・・

posted by micmacjj at 18:12| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月23日

ローラー台を組む

間に一回入ってしまいましたが、続き。 ローラー台、ミノウラ RDA2429-Rの組立てです。


内容物はこれだけ、一度箱から出したらもう戻せない感じの詰め方でした(^^; 本体と左右のローラー、クイックリリース、右のキャップ2つは本体の脚に嵌めるもの、グレーの台は前輪の下に敷く、高さ合わせの台です。

DSC01665.jpg


まず、本体に左右のローラーを付けます。 左側はこの2本のネジで位置合わせをします。 このスリットの分だけタイヤ径に合わせて調節できるというわけですね。 スペック表では24〜29インチまで対応となっています。 白いレバーで、バネを引っ張ってタイヤを挟んだり開放したりします。 かなり重くて、破損するとしたら、まずここかと(^^;

#バーツ単位で発注できるので無問題ですが(^^)

DSC01666.jpg


右は一本。 径が異なるバイクで使い回す場合、いちいちこのネジを緩めて位置合わせをしなければいけませんから、あまり現実的とは言えないですね。 私の場合、クロス2台とロード、全て27インチですから問題なしです(^^) こちらにも同じ白いレバーがありますが、左側と違って、こちらは軽い。

DSC01667.jpg


位置合わせはローラーの接触面がリムの真ん中あたり(不安なら少しハブ側寄り)になるように。 私のロードは23cだからいいですが、タイヤの太いMTBだと、ローラーがタイヤ側にズレるとタイヤと擦れてバーストする危険があります。 一応、それを考慮して、ローラーのタイヤ側はえぐれた形状になってはいますが・・

#ロードなら、かなり摩耗しても使えそうですね(^^)

DSC01672.jpg



これで本体側は完成です。 次はバイクをセットするために、リアのクイックリリースを付属のものに交換します。 これは製品によってエンド形状が異なるためです。 上がバイク純正のシマノ製、下がローラー台付属のものです。 右側の直径、深さもですが、左側のバーの太さも影響しそうですね・・

#これは交換したままでも問題なく走行可能なので、最初に一度だけやればOKです。

DSC01669.jpg



で、こういう感じで左右にはめ込んで、両側から締めて行きます。 左側は位置合わせ用で、一旦調整したらいじらす、後は右側のハンドルを締めたり緩めたり・・、で毎回同じ位置にセットできる仕組み。

DSC01670.jpg



左右の位置合わせは、左右のローラーがだいたいリムの同じ箇所を挟むようにします。 取説には、少々ズレても問題ない・・と書かれていますが、なるべく合っている方が気持ちいいですから、まあこれくらいで(^^;

DSC01680.jpg



これで完成。 あとは、毎回ハンドルを回して脱着するだけですから、まあ簡単ですかね。 ちみなに、乗せるとこんな状態です。 けっこう大掛かりな感じですね。 まあ、これくらい脚の幅がないと安定しないか・・

DSC01677.jpg



そして、自転車を乗せたら、負荷調節用のリモコン(自転車用らしく、シフトチェンジと同じ仕組みのワイヤードですww)をハンドルに装着します。 このリモコンの台座はフック式で、手で簡単に脱着できるようになっています。 よく考えられてますね(^^)

DSC01681.jpg



軽く漕いでみた感じですが、負荷をいちばん軽くしても意外に手応え(脚応えかww)があります。 最大にすると、けっこうな上り坂になる・・、うん、なかなかいい感じです。 ベルトのスキール音はけっこうしますね。 石の床の上に置いているんで振動は分かりませんが、マンションで夜間は難しそうな気も・・


さて、これで車の危険もなく、天候や気温の心配もなく、iPadでHuluを観ながら、いつでも快適に漕げるぞっと。 天気のいい日に外を走る爽快感はありませんが、事故の被害者や加害者になる危険はないですからね〜(^^) 保険料と思えば、そう高い買い物でもなかったかな・・と自己暗示ww あとは、ローラーの摩耗がどれくらいあるか・・です(^^;




posted by micmacjj at 11:35| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月22日

初ポタ

昨日はあんまり気持ちいい天気だったので、近所に出来た「謎のサイクルショップ」を探りに行ってみようと思って出てみたが、ホントにあまりに気持ちいいので、ちょっとポタリングに出てみることに。


路肩がガタガタの182号などはとても怖くて走れないんで、田んぼの中の裏道を通って「ちゅう吉」横の踏切を渡って、平成大の横の道を南下、石原トンネルをくぐって大渡橋を渡らずにww芦田川の土手下(山側)へ降りて川下へ。 道なりに山手町の中心部へ入ったんで、こりゃちょうどいいと、The Standard Bakeryへ寄ってみる。 いい感じの写真が撮れました。

DSC01683.jpg


ひと息ついて山手橋を東へ渡り、今度は福塩線と並行して北上。 この道はフラットで道幅もそこそこあるんで、走りやすいわ〜(^^) ススキがガードレールからハミ出してるんで、自転車にはちょっとジャマですけど・・。 ここらで何も考えずに走ると、28km/h、ケイデンスは70ってところ。 話にならんわ〜ww


そして、大渡橋を渡って再度石原トンネルをくぐって、平成大方面に。 トンネル手前の上りでちょっと踏んでみましたが、さすがは軽量ロード、踏めば踏むだけぐいぐい上る。 でも、すぐに脚に・・というより、心肺機能の方に限界が。 やっぱ、ちょっとずつ慣らしていかんとダメだなぁ・・


本日のメインイベント、帰りに寄った「謎のサイクルショップ」は、前出の「ちゅう吉」の二号店でした。 看板も発注してるんですが、まだ届いてないというオチで。 どなたか、今のうちに珍百景に応募してみません?ww

DSC01684.jpg



そんなわけで、トータル20km弱のフラットなコース、これはなかなかいいんではなかろうか。 芦田川をもっと南下すれば、距離も稼げるし・・。 なんせ、車と並行して走っても危険を感じない道路って、限られますからねぇ・・。 で、帰ったらひと風呂浴びて、買って帰ったごぼうのフォカッチャを食べるというヘルシーな午後(^^) うん、いいよ、これ。


でも、さすがに23cでは舗装路と言えど手が痛い・・ってことで、さっそく今日、会社帰りに買ってきました、グローブ(^^)

NEC_0011.jpg



まあ、しかし、とりあえず、身体を慣らせ、だなぁ。 脚より心肺、私の場合はこれです、はい。

posted by micmacjj at 21:16| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月21日

ローラー台導入

まだほとんど外で走らせていないロード、サイコンを着けたと思ったら、今度はこれです。

DSC01664.jpg


これは何かと言いますと、室内で自転車を漕ぐためのローラー台というもの。 ジムに置いてあるランニングマシンの自転車版と思っていただければ近いかと。 ママチャリのスタンド立てたままで漕げば・・と違うのは、実走する程度か、それ以上の負荷がかけられるということです。


自転車を上に乗せて前後輪を回しながら走れる三本ローラーってのもありますが、これは固定ローラーという種類で、その中でも珍しいリムドライブという方式。 ホイールのリム(ブレーキが挟む部分)を左右からローラーが挟むタイプで、ミノウラが特許を持ってるので他社製品はありません。 負荷も手元のダイヤルで漕ぎながら7段階に調整できます(^^)

#三本はフォームがキッチリできていないとすぐにコケる、と定評のシロモノらしい・・


今まで踏んでいたエアロバイクを譲渡したので、その代わりに購入。 自転車なんだから実走するのが本来の姿なんでしょうが、平日夜にわざわざ着替えて・・ってのは面倒だし、なにより危険です。 なんせ、都会と違って、道は暗くて狭いし、路肩付近はガタガタだから中央寄りを走らざるを得ないし、車のマナーは最低なので・・


購入に際していろいろ悩んだんですが、運動神経がゼロに等しい私のこと、最初から三本はやはり無謀だろう・・というので見送り。 で、タイヤドライブだとタイヤが減るからローラー専用タイヤを着けた専用ホイールを用意して・・となると、それだけでもけっこうしますし、それでもタイヤは消耗品だから、ちょくちょく買い替えなくては。

#それを言ったら、リムドライブのローラーも消耗品ですが・・


それだけならまだしも、外に乗って出るのにホイール交換、帰ってきたらローラーに乗せるためにまたホイール交換・・ってのは、面倒です。 絶対に三日坊主になる自信があります(^^; いや、そんな手間を惜しんでいるようでは、そもそもロードに乗る資格などない、と言われてしまいそうですが・・


それに比べて、リムドライブなら、最初にリアのクイックリリースを付属のものに交換するだけでOK。 付属のものはそのまま普通に走行しても問題ないと明記してありますから、手間要らずです。 ローラー台へのセットも、まあまあ簡単と言っていい。 乗せるだけの三本にはかないませんが・・ww


以上、一軒家なので騒音や振動は全く考慮せず、運用時の利便性と安全性、ランニングコストを最優先に選んだ結果、ちょっと割高だけどリムドライブ、なのでした。 タイヤが接地していないので実走感がない・・ってのはよく言われますが、今までエアロバイクを漕いでた身ですから、実走感もクソもないだろう、とww


さて、組立&使用インプレは次号。 続くっ!

posted by micmacjj at 13:31| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月09日

そしてスーパームーン

昨日に続いて、今日もまずまずの天気でした。 でも、やっぱり月の出には間に合わず。 昨日と同じ場所から撮ってみました。 昨日とは違う感じの雲ですね(^^)

DSC01653.jpg



そして、スーパームーン。 薄雲越しですが・・

IMG_2471.jpg


なんだか、ムーンボウのような・・

IMG_2478.jpg


しかし、スーパームーン、スーパームーンと言いますが、果たしてどれくらい大きいのか。 以前の写真と並べてみました。 どちらも拡大率はCanon PowerShot SX50HSの光学最大倍率の50倍、同じです。 左が今日、右が普通の(?)満月です。

SuperMoon.jpg


お〜、けっこう違うもんですね。 これだけ大きければ、確かにかなり明るいでしょうね。 もしかして、ムーンパワーも?(^^)


posted by micmacjj at 20:56| 広島 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。